スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花も嵐も
12:犬鳥...2005.10.12 Wed
あなたとの恋は、穏やかさとは程遠い嵐――・・・



・花も嵐も・



怖そうな人。
(第一印象
強い人。
(初期印象

――――年寄りみたいな人。
(現在の印象


横暴なのも人の話をきかないのも、もう慣れたけど。

「――・・・だから、其処へ行くならあそこで曲がらなきゃ駄目だって、僕、何度も言いましたよね」

「そうだったか?」

「そうです。何度も何度も、分岐を通る前も通った後も、言いましたよ」

「まぁ間違ったものは仕方がない。戻るぞ」

「もど……って、そっちは森ですよ!?」

「馬鹿か貴様は。来た道を戻るよりも此処を抜けた方が早いに決まっているだろう」

「決まっているだろうって……」

一体何処からその自信が来るんだ、とか。
かつてそう言って何度も道に迷った事を忘れたのか、とか。
そもそも何でそんなに偉そうなのか、とか。
反論が山程ありすぎて、もう何処からつっこんで良いのか分からない。
自分の聞きたい事しか聞かない上に、興味の無い事や都合の悪い事はすぐに忘れる。

――僕、一体この人の何処が良かったんだろう…。

時折真剣に考えてしまう。
こんな、横暴で人の話を聞かない、何を考えてるんだか分からないボケ老人みたいな人。
本当に、何処が良かったのか。

「……自分で自分の趣味が分からない…」

「何か言ったか?」

「……(こういう時だけは聞いてるんだね…)」

考え直すなら今なんじゃないか、とか。
思うことは多いけど。

――結局、離れられないんだよなぁ…。

苦笑する。
最初は勢いと言うか、雰囲気というか。彼独特の強引さに流された感が無いわけではないけれど。
今となっては、こんな人でも一応大事な人で。
やる事なす事無茶苦茶で、穏やかさとは程遠い日常だけど。
それでも、全て愛しい日々。

あなたが居るから。


「ヒビキ?」

「……あなたの事が好きだなぁって、そう言ったんですよ」

「そういう事は聞こえる様に言わなければ意味がないだろう」

「はは…そうだね」

「…まぁいい。行くぞ」

差し出された手に軽く目を見張って、次いで笑ってその手を取る。
分かり辛い不器用な愛情表現が微笑ましくて、繋いだ手の温もりが愛しくて。
本当に、好き。そう呟けば、繋いだ手を強く握ってくれる。
この手があれば、あなたが居てくれれば。
何度道に迷っても、どんなに疲れても。
きっと、何処までも歩いていける。

――姉さんには趣味が悪いって、言われそうだけど。

いつか、自分の大切な片割れに紹介出来ればいい。
この人が、人生を共に歩む人だと。
口では反対しても、きっと彼女なら分かってくれる。
いつになるかは、分からないけれど。

けれど、その前に。

「ムメイさん、そっちは明らかに目的地と逆方向ですよっ!」


まずは、無事に森を抜ける事を考えないと…。





終わる!


ラブ米目指して見事敗退。
多分私はラブ米と言うものを勘違いして覚えている可能性が高い。
姉さん=ミノリちゃん。ウチでは双子設定。
ムッ様の呼び方はミツヒデさんじゃなくムメイさん推奨。
そして方向音痴。
タイトル意味なし。
スポンサーサイト
唇に恋心
12:犬鳥...2005.09.03 Sat
言葉に出さずに囁く告白。

届かないで、届かないで。

貴方に冷めた目を向けられたら、この息は止まってしまうから。

想えるだけで良い。

その隣を望みはしないから、背を追えるだけで充分だから。

唇に乗せた音にならない告白に気付かないでいて。

女々しい自分に、どうか気付かないで・・・。

馬鹿みたいだと、自分でも分かっているから。

それでも、止められない想いがあるから。

せめて、音にならない告白を。

どうか、どうか。

届かないで、気付かないで。

始まる前から終わっている恋を、昇華出来る日が来るまで。

無音の告白を、赦して下さい――・・・。








・END・

似たような話を良く書いてる気がする・・・(ボキャ貧
名前 (12:犬過去ネタバレ)
12:犬鳥...2005.08.27 Sat
「・・・・何をそんなに不機嫌になっている?」


耳に届いた低い声。
けれど、振り向かずに歩く。
今は一人にして欲しかった。
そうでないと、抑えられないと思ったから。
なのに、後ろを歩く人は腕を掴んでくる。
どうして放っておいてくれないのか。

――って、まぁ。僕でも同じことしそうだけど、さ・・・。

「聞こえている癖に無視をするな・・・ヒビキ」

呼ばれた名前に胸が苦しくなる。
いつだって、何か不思議な力でも宿っているんじゃないかって位、この人の自分の名を呼ぶ声には心が揺さぶられる。
でも、今は、違う。
常の甘い苦しさじゃなくて、ただただ、今は、苦くて苦しい。
泣いてしまいそうな程・・・。

「おい、ヒビ――・・・」

「何度も呼ばなくても聞こえてますよ」

これ以上聞きたくなくて、遮るように言えば「ならば最初から返事をしろ」と不機嫌に返される。
返事をしたく無いから、無視してたのに。
どうして、いつもは聡いくせにこういう時だけ察してくれないのだろう。
挙句に、見当違いの事を言ってくるし。

「・・・ヒビキ。俺が奴の子だと言う事が気に入らないのなら、俺は・・・」

「っ何でそうなるんですかっ!」

本当に鈍い。
少し考えれば、分かりそうなものじゃないか。
現に、ジュリーどころかティエンにも気付かれてるっていうのに。

――鈍感。
戦闘馬鹿。
斬る事ばっかり考えてるから、こういう時に気が回らないんだ。
何でそんなに戦うのが好きなんだよ、お坊ちゃんの癖に・・・。

「あなたが彼の息子だとか、そんなことはどうだって良いですっ!僕が気に入らないのは――・・・・」

言いかけて、慌てて口を噤む。
子供っぽい理由。
だから、言いたくなかったから、放っておいてほしかったのに。
敵とする相手の息子だとか、そんな事はどうでも良くて・・・・いや、良くは無いのかもしれないけど、それでも、僕にとってそれは大きな問題では無くて。
身分が違うとか、それも、とりあえず横に置いておいて。
何より引っ掛かったのは。
気に入らないのは。

「気に入らないのは、何だ?」

「・・・・・・・」

「・・・ひー?」

二人の時にしか呼ばない呼び方。
しかも、そんな優しい声で呼ぶなんて。

「―――卑怯だ・・」

逆らえない事を知っている癖に。
本当は、理由も何もかも、全部知っているんじゃないかと思えてくる。
知っていて、それでもわざと、僕の口から言わせようとしているんじゃないかって・・・。

「気に入らない事なんて・・・・何もないよ・・」

「だが・・・」

「気に入らないんじゃ無くて・・・僕はただ、寂しかっただけだ・・」

俯いて、唇を噛む。
そう、気に入らないんじゃない。
ただ、寂しかっただけ。切なかっただけ。

あなたの本当の名前を知らなかった事が。
教えて、もらえなかった事が・・・・。

「理由は伏せてたって構わない・・・でも、本当の名前位・・・・教えて欲しかった・・・ただ、それだけだったんです・・・」

ずっと、偽りの名をそうと知らずに呼んでいた自分が、その名を特別に思っていた自分が、滑稽で、辛くて。
他の人ならこうは思わなかった。
でも、あなたは、他の人とは違って・・。

「特別だと・・・そう、思ってたのに・・・・・・・それは、僕だけだったのかな・・・」

笑おうとして、耐え切れずに涙が零れた。
情け無い。
きっと呆れられるだろうと思うと、余計に目頭が熱くなる。
こんな顔も、こんな自分も、見られたくは無かったのに。

「・・・・・すみません、変な事言いました。忘れて下さい・・・」

片手で目を覆って、口だけで笑顔を作る。
そのまま背を向けて立ち去ろうとして、けれど、強い腕に拘束されてしまう。
抱き締めてくる腕が誰のものなのかなんて、考えるまでも無くて。

「・・・黙っていた事は謝る。済まない・・・・だが、あの名はとうに捨てたもの。俺にとっては、今の名が本当の名だ」

「・・・・・・」

「だが、名前など個体を区分する為の表示記号でしかないと俺は思っている。・・・否、お前に出会うまではそう思っていた。
――お前に呼ばれて初めて、俺の名前は意味を持った。お前以外が呼ぶ俺の名などに意味は無いんだ。
だからヒビキ、お前が呼びたいように呼べ。その名が、俺の真名だ」

「・・・・・ムメイ、さん・・・」








クッサ!!ムッ様くっさっ!!!!!(てめぇが言わせたんだろ)
途中だけど続かないので此処で切り!
無性に、クサイムッ様と拗ねてるひーちゃんが書きたくなったんです。それだけです。
中途半端でスンマソ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。