スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬と王子4
幻:カ王...2006.03.01 Wed
「カイル!!」

「へ?」

天気も良くて、珍しく何事も無くのんびりとした日。
ぼんやりと水面を眺めていたら、突然背後から衝撃を受けた。



・例えばそんな日・



「わっ、へ、何?…って、え?」

受けた衝撃で前にのめる間もなく、しがみ付いて来た相手によってくるりと体を反転させられる。
一瞬見えたのは、サラサラと揺れる長い青銀の髪。
と、ヒラヒラと舞うスカートの裾。

「えーと…」

まさか。
この拠点にこんなに綺麗な青銀の髪を持つ人間はただ一人で、その人物は自分もよーっく知ってる人で。
声だって、この自分が聞き間違える訳も無くて。
でも、確かに見えたのは女性の衣服。
まさかまさか。

「…もしかしなくても、王子?」

「……」

返事はない。
けれど、それで確信する。

「王子、なんですね?」

また何だってそんな格好を。
背中にしがみ付かれているので良くは見えないが、明らかに女装である。
確かに女性と見紛うばかりの美人ではあるが、そんな趣味は無かったはずだ。

「王子?」

「……み、ミアキス、が…」

ボソボソと紡がれる声に、大体の事情を察する。
常々王子に女装をさせようと企んでいた彼女の事、姫様に会えなくて寂しいだの何だのと理由をつけて、前々からの計画を実行に移そうとしたのだろう。
優しい王子が強く断れないのを良い事に。
どうみたって今の王子の服装は姫様が着ていた服とは掛け離れているのだが。

――まさか城に居る頃から狙われていたなんて、王子も知らないんだろうなぁ…。

空を見上げて息を吐く。
本当に、女性という生き物はどんな状況でも強かだ。

それにしても。

「リオンちゃんはどうしたんです?」

いつも傍で付き従っている彼女が止めに入らない筈が無いと思うのだが。

「……」

「王子ー?」

「…リオンも、何でか一緒になって盛り上がってて…」

「あぁ…そうです、か」

あんなに目を輝かせたリオンは初めて見たかもしれない…。
そう呟く王子にまた天を仰ぐ。
まぁ、確かに着飾らせたい心情は分からないでもないけれど。
何より王子馬鹿な少女の事だ、同僚に可愛い王子を見たくないかと唆されれば、その気にもなってしまうだろう。
最後の砦だった筈の少女にまで寝返られては、自分の所に逃げ込んでくるのも道理か。

――まぁ、こうやって密着されてる状況っていうのは、ありがたいんですけどね~…

でもどうせなら前からが良かったなぁ。
折角堂々と抱き締められるチャンスだったのにと心の中でぼやく。
チラリと背後を見やれば、いつもは結われている長い髪が自由に風に舞っている。
その髪に触れたいと思いながら、それでも今自分がすべき事はそうじゃないと己に言い聞かせる。

「それで、オレは壁になってれば良いんですねー?」

「ご、ごめん…」

「良いですよー、役得ですし」

「え?」

「いえいえ」

気にしないで下さいと手を振って、ひっそりと笑う。
こんな機会なんて、滅多に無い。
存分に堪能させてもらおう。


天気が良くて、珍しく何事も無くのんびりした日に降って湧いた幸運。

暖かな陽射しを前に、温かな体温を背中に。



例えばそんな、幸せな日。


・了・

色々失敗。
そしてヘタレ犬。
女装ネタは、本拠地でのミアキスの台詞から。(この周辺のイベント進行うろ覚えなんで時間設定がおかしいかもしれません)
普通なら此処でカイルにハグなりチューなりで襲わせる所なんでしょうけど、ウチのはへタレ犬ですから。
ご主人様を襲うなんて無理も無理でした。はは…
スポンサーサイト
犬と王子3
幻:カ王...2006.03.01 Wed
「王子ー、入りますよー」

失礼しまーすと声をかけてドアを開ける。
返事が無いのは気にしない。
声をかけたのだって、形的なものなのだ。
応えるべき人は、今はまだ夢の中。
眠る王子様を起こすのが、本日最初のお仕事と言う訳だ。

城ではいつもお付の侍女か護衛の少女がその役を担っていたから、自分に回って来る事は無かったのだが。

此処に来て良かった事の一つは、これだ。
目を覚まして一番に、自分の姿を映して貰える。
それが、どんなに幸せか。
不謹慎なのは重々承知だが、けれどあそこに居た頃よりずっと、大事な人が近い。
王子を守ることだけを考えて、誰に憚る事無く王子を守る為に傍に居られる。
女王と王女が至上のあの箱庭の中では出来なかった事。


尤も、こんな形で得たかった訳ではないけれど。



見下ろす先の、眠る人の長い睫を濡らす涙。
人前では泣けない人が、理性の管轄を離れて唯一泣ける時。
夢の中で位、幸せで居て欲しいと思うのに。夢の中でしか泣けないから、悲しい夢を見る。

「…王子」

流れる青銀の髪を人房掬って、静かに口付ける。
誓いを、込めて。

「貴方は、必ず護ります」

この身に代えても。
本来ならば為す事は出来なかった誓い。
騎士の忠誠は、女王に在るべきで。
けれど、今の主は目の前の少年だ。

魂を懸けるなら、この人の為だとずっと心に決めていた。

国の為に命を賭したとしても、魂はたった一人の為に。

「護らせて、下さいね…?」

一人で闘わないで。
一人で苦しまないで。
ほんの少しでも良いから、貴方の背負うものをオレにも預けてください。

起きている貴方には言えないから、もう少しだけ、目を覚まさないで――…。





訳がわからん。
本拠地入手後の話、です。
犬と王子2
幻:カ王...2006.02.28 Tue

「王子ぃ~」

「うん?」

「えっと、あの、楽しい…ですか?」

「うん」

戸惑いがちに訊ねた問いは、笑顔と言葉の肯定で返された。


・犬と王子・


この年の男子にしては細い指が器用に金糸を編んでいく。
吐息が触れそうな距離に、先程から心臓は大忙しだ。
椅子に座っている自分と、その横に立っている相手とでは視線の位置も普段とは逆で、それが更に脈の加速を手伝っている。
上から見下ろすと綺麗な人は、下から見上げてもやっぱり綺麗だった。
普段は髪等に隠れてよく見えない細い首が目の前にあって、喉のラインには何とも言えない色気がある。

   噛み付きたい…。

思わず浮かんだ言葉に、慌ててブンブンと首を振る。
勿論、心の中で、だ。
何せ今は首を振るわけにはいかない状況である。
折角編んだのに解けたと怒られる事は無いと思うが、何より楽しそうに髪を編んでいる王子の邪魔をしたくない。
自分などの髪で楽しんで貰えるなら、如何に心臓に悪かろうが喜んで大人しくしていよう。
後から後から湧き出てくる欲望だって、理性で抑えて見せますとも。

グッと拳を握って決意を固める。

これもやはり心の中で、だが。


「カイルの髪って、綺麗だね」

そう言って微笑む貴方の方が余程綺麗です。
即答しそうになるのを慌てて抑えて、言葉を付け足して音にする。

「そうですか?俺は王子の髪の方がよっぽど綺麗だと思いますけど」

「あはは、ありがと」

あぁ、本気にされてない。
サラサラと流れる青銀の髪は、本当に心の底から綺麗だと思っているのに。
普段からの軽い言動が災いしてか、心からの言葉も社交辞令としてしか受け取って貰えないらしい。
自業自得とは言え、切ないものがある。
確かに女性と見れば甘い言葉を囁くのは己の癖のようなものだが、本当に想っているのはたった一人なのに。

尤も、それは気付かれてはいけない事なのだけれど。

それでも、日増しに強くなる想いは気付いて欲しいと騒ぐ。
好きだと言ってしまいたい衝動に駆られる。
それら全てを理性を総動員して抑えているのに。

「本当に、綺麗」

貴方が、微笑んで髪に口付けたりするから。


   あぁもう、これ以上自分を虜にして、貴方は一体俺をどうする気ですか。


理性が陥落する日はそう遠くないかもしれない。



・了・

未カップルで犬視点。
アビスのジェイルクでも書いてますが、髪ネタ大好きです。
私の中で髪の毛って心を許した相手にしか触られたくないという前提があるので。
犬と王子1
幻:カ王...2006.02.28 Tue

   尻尾が見える…。

とは言っても、実際にそこに生えている訳ではない。
訳では無いのだが、何故か無いはずのものが見えてしまうのだ。
それは偏に、この男の纏う雰囲気故だろう。

現在、その無い筈の尻尾はパタパタと嬉しげに揺れている。
理由は明白。
でかいナリをした犬の視線の先には、愛しのご主人様が居るからだ。
尤も、この犬の本来の主人は別の人物の筈なのだが。
こうもあからさまだと、友の犬に対する異常だと思えた警戒も頷ける。
大事な息子が国一番と言っても差し支えの無いプレイボーイに目を付けられたとあっては、警戒しない方がおかしいだろう。
だが、様子を見るに彼が心配しているような事態が起こる可能性は低そうにも思える。
何故なら、犬は主を本当に大事に思っているように見えるからだ。

それこそ、触れる事すら躊躇うほどに。


「…意外とヘタレた犬だな」

呟いた言葉は駆け出した犬には届いていないだろう。
視線の先では勢いよく駆け寄った犬に主の護衛が天誅を喰らわしていた。
中々面白い見世物である。
友には悪いが、妨害するよりも静観する立場の方が楽しそうだと判断を下す。


「これは暫く退屈しなくて済みそうだ」







短。
えーと、ゲオルグさん視点、かな?
犬って言うのはカイル氏の事です。
日記でも言ってますが、私には彼が犬に見えるので。
きれいなひと
幻:カ王...2006.02.28 Tue
笑う顔がきれい

困った顔がきれい

纏う空気がきれい

澄んだ瞳がきれい

俺の名前を呼ぶ声がきれい

硝子細工のような、何もかもがきれいなひと




・きれいなひと・




「また俺は留守番ですよー。今度こそは一緒に行きたかったのになぁ」

ちぇーっと拗ねてみせれば、目の前の人はクスクスと笑って。

「仕方ないよ、カイルは母上とリムを守るのが仕事。でしょ?」

ちょっと首を傾げて、覗き込むようにして真っ直ぐ見上げてくる蒼い瞳。
通常抱く青のイメージと違って、ちっとも冷たさなんて感じさせない柔らかい色。
それはきっと、この人だからだ。
穏やかで、優しくて。
周りの馬鹿な貴族連中に陰で何を言われても、いつだって穏やかに微笑んでる。
辛いなんて素振り、ちっとも見せないで。

綺麗な綺麗な王子様。
俺の、大切な大切な、何より守りたい人。
本当は、誰より傍で貴方の盾になりたいのに。
冗談みたいに王子の事が好きだと言って以来、何でか閣下が目を光らせていて必要以上に近寄らせて貰えない。

  あの人も結構親馬鹿だからなぁ…。

我ながら馬鹿な事をしてしまったとちょっと…いや、激しく後悔。
いつも傍に居る彼女が、ちょっと羨ましい。

「王子」

「うん?」

訂正。
いつもこの笑顔を向けられてる彼女が、かなり羨ましい。

「気をつけて行って来て下さいね」

「うん、大丈夫。ありがとう」

きれいな笑顔。
この笑顔が守れるなら、何だってするって思う。
貴方が笑っていてくれるなら、この気持ちだって一生告げずに抱えていく。

「本当に、気をつけてくださいよ。そんで早く帰ってきて下さい」

王子がいないと俺寂しくて死んじゃいますから。
情けない顔をして言えば、また冗談ばっかりって楽しそうに貴方が笑う。
本当は、冗談なんかじゃないんですよ。とは、言えないけど。

出来るだけ、早く帰ってきて下さい。
無事な姿を見て、安心させて。
そしてまた、こんな他愛も無い話をして、少しでも傍に居させてください。


祈るように、笑った。



・了・

初めてのカイル×王子がコレです、か…orz
もうひたすらに王子好き好き大好きなカイル。
そしてそれに気付いてない振りをする王子。
そして更にそれに気付いてるカイル。
そんでもって気づかれてる事に気付いてる王子。
そんな、カイル→←王子が、好きです。
一方通行両想い万歳。
惜しむらくはそれをあらわせない私の文才の無ささー!(泣
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。