スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I can't say ...
O:親子...2005.08.08 Mon
朝から溜息、浮かない顔。
自分でも嫌になる位、今の僕は鬱陶しい。
分っているけど、だからと言ってどうにかなるものではなくて。

「はぁ・・・」

本日これで何回目?
一桁を越えた時点で数えるのは止めてしまった。
たった一言呼ぶだけ。ただそれだけの事。
けれどそれが出来なくて、結局何度も溜息駄目息。
心は減量、幸せも減量。

「もぉ、嫌になるなぁ・・・・」

笑えない、それも大問題。
引き攣った顔で挨拶されて、誤解しない人なんてきっといない。
それに加えて目付きの悪さ。
母親に似たらしいツリ目は人に余り良い印象を与えないらしくて。
知らない人に絡まれたり、目が合った途端に逸らされたりするのは日常茶飯事。
何でだろうと相談した妹には、『お兄ちゃん、例えお兄ちゃんが無自覚の天然さんでも私がしっかり護ってあげるから大丈夫だよ!!気にしないでそのままのお兄ちゃんで居てね!!』と、なんだか良く分からない励ましの言葉を貰ってしまった。
何が無自覚なのか鏡を見て考えて、漸く出た結論がこのツリ目。

――睨んでるみたいに見えるもんね・・・

分ったところで、気持ちと同様どうにかできるものじゃないし。

「はぁ~~・・・」

世の中って、上手く行かない。

盛大に吐いた溜息と一緒に、机に突っ伏して。
ほんの少し泣きたい気分になった。

「そんなに溜息ばっかり吐いてると、幸せが逃げてしまうよ?」

「へっ?!」

突然耳元で聞こえた声に、慌てて顔を上げ―――――・・・ようとして、真横に自分と良く似た、けれど自分よりも優しそうな顔を見つけて、中途半端な姿勢で固まってしまう。

――何で・・・いつの間に!?

気配なんて、全然感じなかったのに。
パニックに陥っている自分を落ち着かせる為か、軽く頭を撫でて来る手に更に混乱して、くらくらして、面映くて、切なくて、嬉しくて、色んな感情がごっちゃになって。
兎に角、何だか思考回路がオーバーヒートしそうだって事だけが、今の僕に分る事だった。

「朝からずっとだね。何か悩み事でも?」

首を傾げて問われる。
問われてまた固まって。

――いつから聞いていたんだろうだって気配は全然無かったよねそれとも僕ってもしかして鈍い?そんなでもエテリア達だって何も伝えてこなかったしああでももしかして僕が鬱陶しいからエテリア達が怯えてるって言うか鬱陶しい僕に近寄りたくないと思われてるのかもどうしようどうしたらっていえばいつまで僕は頭を撫でられてるんだろう親子ってこういう物なのかな何だか恥かしいよでも慣れてないだけで嫌じゃないっていうか父さんってこんな感じなんだ大きい手って良いなぁ大きい手って言えば僕の知ってるカテナの人たち(女性陣除く)って皆手が大きいや良いなぁ大人って感じでそれになんかホッとするって言うか―――「フィール、聴いてるかい?」

遮られた思考にハッとして、視線を合わせれば優しい銀色。
自分と同じ、色。
あぁ、本当に親子なんだなぁと、実感して。
そういえば溜息の原因を聞かれてたんだっけと思い出す。

――まさか、貴方が原因ですなんて、言えないしなぁ・・・

それでは更に誤解を招いてしまう。
さてどうしたものかと悩む僕に、僕が話すのを見守る感じで待っている目の前の人。
あぁなんかこういう目で見られるのって良いなぁなんて、思っている場合ではなくて。

「えっと・・・・あの、その・・・」

「うん?」

優しく促されても、続きの言葉なんて考えて無いから出る訳がない。
本当にどうしよう。

「あー・・・その・・・・・・・」

何て言う?
何て言おう。

「えっと・・・・僕って、その・・・鈍い・・の、かな?」

散々悩んで結局出たのはそんな言葉。
意味が分からないよね、これって。

「あぁ、そうだね。確かに君は鈍いけれど、それは美点でもあるから別にそこまで悩む事ではないんじゃないかな?」

・・・しかも肯定されてしまった。
そうか、僕って鈍かったんだ・・・。
何となくショックを受けていると、頭をポンポンと軽く叩かれる。

「父さんは、そんなフィールが好きだし、そのままの君で良いと思うよ」

優し気な笑顔でそういわれて、「有難う・・・」と戸惑いながら返せば更に彼の笑みが深まった。
本当の悩みはこの事では無かったんだけど、まぁ良いかと思わせるような笑顔。

そのままで良いと言ってくれたのなら、そんなに悪い誤解はされていないのかもしれない。

――それって、焦らなくても良いって事だよね?

ホッとして、自然と笑顔が零れた。





「有難う、カインさん」




なるべく早く、「父さん」って呼べるようになれたら良いな。






・END・




さり気無く告白するカイン様と、全く全然これっぽっちも気づいていない処か見事に「好き」の部分をスルーしているフィール君でした。
この後カイン様は撃沈。
因みにフィールがカインを『父さん』って呼べない理由は、単に照れてるからです。
顔が引き攣るのも父親という存在に憧れていた&慣れてない故に何だか恥かしくて上手く表情が作れないからです。
補足しないと分からないって、どうよそれ。
カイフィを書こうと思ったのに・・・これってカイフィって言うか、カイン⇒フィールですよね。
道程は遠いな・・・。
頑張れカイン様!!(死んで来い)
スポンサーサイト
君は知らない(LF前提C⇒F
O:親子...2005.08.05 Fri
――悪趣味だと思うかい?


らしくない笑みを口元に穿きながら、己を嘲るように語る友人に。
そこまで自覚していて尚、止められないのなら。
それは、仕方が無い事ではないだろうかと返した。

そう、心の底から渇望するならば。
それを押し込めるのは容易い事ではないだろう。
モラルなど、きっと何の壁にもなりはしない・・・。



・君は知らない・



人里離れた場所にひっそりと建てられた屋敷の前。
せがまれ少女を肩に乗せて走り回る青年と、その光景に無邪気に笑う少年を2階の窓から見下しながら、一人苦く笑う。
自分よりも華奢な体に、自分に良く似た容貌。
少年の銀の髪がきらりと陽光を弾いて、眩しさからだけではなく、目を眇める。

「・・・息子・・か」

唇の動きだけで呟いた言葉は、重く心に溜まる。
そう、正真正銘、この身の血を分けた息子。
そして、誰の目から見てもそれは明らか。

「茨の道、だな・・」

嗤う。
きっと自分はどうかしているのだろうと。
けれど、それがどうしたと思う。
知って留められる程度の気持ちなら、とうの昔に消している。
止められないから、こうして日増しに想いは募るのだ。
いや、想いなんて、可愛いものではない。

「これは、紛れも無い欲望だ」

実の息子を、組み敷いて自分だけのモノにしたいだなどと。
毎夜夢に見る。
自分に良く似た、けれど似ても似つかない無垢で綺麗なイキモノを思う様好きにする夢。
勿論最初は戸惑った。
けれど、今はもうそれが普通だ。

己の中の良心は、何処も痛みはしない。

「・・・・悪趣味だと思うかい?」

実の息子・・しかも良く似た顔の者に、欲情するなどと。
問い掛けに相手は侮蔑の視線を送るでもなく、ただ淡々と言葉を綴る。
決して否定ではない、言葉を。

「君も大概、変わり者だね」

普通は此処で、正気かとかなんとか、問い質すものなんじゃないのかい?
おどけて言えば、そうでなければお前の友などやってはいられないと何を考えているか分からない無表情で返される。
尤もだと、軽く笑った。

「だが・・・告げるつもりは無いのだろう?」

「・・・・・・まぁ、ね」

視線を窓の外に戻して、未だ楽しげに戯れている子供たちに口元を歪める。
愛しい銀色の横には、寄り添うような黄金。
胸の内に押し寄せるドス黒い感情は、けれど愛し子の心からの笑顔に霧散する。
いつも、いつまでも・・。
その笑顔で居て欲しいと、願う。
それは、紛れも無い本心。

「困らせるのは・・・本意では無いからね・・」

あの子はもう、選んでしまったから。
出遅れたのかもしれないし、スタートが何時だろうと、変らなかったかもしれない。
どちらにせよ、今、彼の隣を赦されたのは自分では無いと言う事だけが確か。

「奪おうとは思わないのか?」

「思わないよ」

あの笑顔を上げられるのは、自分では無いから。
本当は、隣に居る男を八つ裂きにしてやりたい位だけれど。
それをすれば、きっとあの子は壊れてしまうから。

「何もかも奪い尽してしまいたい位愛しているけれど、父親として幸せになって欲しいと願う気持ちも、確かに有るんだよ」

視線の先には、見た事も無い優しい目で少年を見下す青年の姿。
あの青年が、誰かをあんな風に大切に想う日が来るなどと想像もしていなかった。
そしてその対象が、自分の息子になる事も。

「損な役回りだな」

「全くだよ。―――でもまぁ・・」

父親という、永遠に唯一無二のポジションに居られるのなら、ちょっと位の殺意には目を瞑るさ。

カラカラと笑って告げれば、何故か重い溜息を吐かれてしまった。

「あの男も不憫な・・・」

こんな悪魔を敵に回すとは。
同情を込めて――尤も、顔は無表情なのだが――呟かれた言葉にまた笑う。

「その位、当然の報いだろう?」

何せ、自分がこの世で一番大切にしているものを手に入れたのだから。
少し位の意地悪には耐えてもらわないとね?

「少し、か・・・?」

「少しだよ」

この想いの深さからすれば、爪の先程の可愛いものさ。

「・・・まぁ、愚痴位ならいつでも付き合おう」

「それはどうも」

持つべきものは親友だよね。
笑った自分に、友人は少しだけ痛ましそうに眉を寄せて、また何事も無かったかのような無表情に戻った。

「・・・・・・・・本当に、一生言わないつもり、か?」

「クドイな、言わないよ」

「そうか・・・」

「そうさ」

一生、君にだけは告げない。
君は知らなくて良い。
君を困らすだけの、暗い欲望など。



視界の端で、きらきらと銀の光が目を焼く。


眩しさにそっとカーテンを引いて、唇だけで届かない告白を―――・・・。



・END・




ナンダコレハ・・・。
名前を出してませんが、遊んでるのはドロシーとレオンとフィール。
二階に居るのはカイン様とヴィティスさんで御座います。
レオフィ前提のカイン⇒フィール・・・で、宜しく御願いします。(何)
優しいキスを (某章ネタバレ
O:親子...2005.07.22 Fri
腕の中で眠る愛しい君へ。

いつか君は、沢山の苦しみを知るだろう。
いつか君は、沢山の悲しみに出会うだろう。

愛しい子。
それでも、私は願うんだ。

沢山の苦しみと、沢山の悲しみを乗り越える強さをと。
全ての災いよりも多く、君に幸いがあらん事をと。

誰よりも愛しい私の息子。
希望だと、全てを君に託す父を許して欲しい。
信じているからと、勝手な期待を押し付けて済まないと思う。
けれど、世界に愛された君だから。

大地の愛し子。
私の愛しい子。

その小さな手に、肩に。
世界という重荷を背負って尚、君なら乗り越えられると信じているんだ。


いつか、この手で君を守る事は出来なくなるだろう。
そしてそれは、きっと遠くない未来。
だから今だけは。
私が与えられる全ての物を君に。

少しでも、この愛が君を守るよう・・。
この身亡き後も、この想いが君を守ってくれますように。


祈るように、眠る君の柔らかな頬に口付けを。


「愛しているよ、フィール」


君はどんな大人になるのだろう。

見届ける事が出来ない未来を、少し、残念に思うよ――・・・



・End・




パパがちっちゃいフィールのほっぺにちゅうしてる絵が脳内に浮かびまして。
愛してるだの何だの臆面も無く連呼してますが、純粋な家族愛ですよ!(念の為)
パパ&フィールのほのぼのも大好物です。
そして黒いパパも好き。
目に入れても痛くない程可愛がってる愛しい愛しい我が子を横から掻っ攫うレオンを思う様Lv.3必殺技で懲らしめてやると良いよ!
虐げられるレオンも愛してる!!!(だから、何でそう君の愛は歪んでいるんだ・・・)
世界に愛された云々は勿論私の捏造ですヨ
勝手にそう思ってるだけです。はい、痛いですね!


自作御題:乱雑20題使用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。