スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
la la la...
O:黄赤...2005.07.23 Sat
月は天に

日は地に眠り

明けぬ夜の先

夢追う詩人は恋歌詠う

夢を紡いで貴方に逢いに

焦がれる想いを距離は阻めぬ

例えこの身が遠くとも

想いを風に託して君へ

la la la...

遠くても 遠くても

身を焦がす熱に焼かれ想う

朝に昼に夜に夢に

遠い遠い 貴方を想う...

例え届く事がなくとも

貴方の光が私の全て

la la la...



月明かりの下、静かな歌声が辺りを包む。
耳に心地好い歌声は、どこか寂しげで。

「・・・そりゃ、何の歌だ?」

訝しげに訊ねた青年に、問われた少年はフフと笑った。

「秘密」

そう答えたきり、月を見上げて再び静かに歌いだす。
流れる旋律は美しく、切なく、心を締め付けて。
歌う少年がそのまま月の光に溶けて行きそうで。
堪らずに、きつくきつく抱き締めた。

「レオン?」

「・・・・・・・・・何でも、ねぇ・・・」

ただ、もう少しこのままで・・。
少年の細い肩に額を埋めて、呟く。
請う様なその声に、縋りつく様な腕の強さに、少年は困った様に微笑んで。
奔放に跳ねた金色の髪を眩しそうに眺め、梳きながら、そっと唇を落とした。
気付かないでと、願いながら。



la la la...


太陽の様な君に恋をしている

この想いは届かなくても構わない

ただただ、貴方を想う

傍で想う事が出来る

それだけで、本当に幸せなんだ――・・・



・End・




自覚有り片思いフィール君と無意識片思いのレオン氏。
両思いなのに擦れ違いとか大好きです。
スポンサーサイト
  • name 
  • mail 
  • url 
  • comment
  • pass 
  •  secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。