スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てのひらから
幻:赤毛...2005.09.16 Fri
てのひらからこぼれおちるもの

だれかのいのち

きみのあか


まもりたいなんて、ゆめのまたゆめ――・・・



・てのひらから・


陽に透かした自分の手のひらを暫く見つめて、目を閉じる。
季節は春。暖かな陽射しは惰眠を貪るには持って来いだ。
穏やかな時間の中、柔らかな風に吹かれる草原に寝転がるのは心地が良い。
不在に気付いた誰かが呼びに来るまでの、ほんの一時。
貴重な時間を、趣味の昼寝に充てようと思うのに・・・。

「っくしょ・・・何だってアイツの事なんざ・・」

眩しさに手を翳した。たったそれだけの事。
なのに、陽に透けた自分の掌に。その奥の、流れる血に。
否応無く、今此処には居ない人物を思い出してしまう。
同じ血の流れを有する者。
同じ血を流す才を持つ者。
この手も、あの手も。
己の手で戦場という舞台に赤い花を咲かせる為の糸引く血統に生れた時代の隠者。
自分などよりも、色濃く血族の才と志を継ぐ唯一人の兄。
ただ、ひとりの・・・。

「・・・・・・・・・アホくせ・・」

思考を振り払うように寝返りを打つ。
先程とは打って変わって、視界に広がるのは緑。
その、色。
見たくなくて、また目を閉じる。
無駄な事と知っていながら。

逃げたって、何も変わらない事を知っている。
振り払ったって、考える事を止められる筈も無い。
それが性だ。
やっかいで、けれど、愛おしい。
そして、何より忌まわしい性。
この脳が考える事を本当の意味で放棄する事はありえない。
血がそうさせるのか、育った環境故なのか。
常に、状況を把握しようと思考は巡る。
答えを出さないままにはしておけない。
導き出した答えのその先の先、更に先。
留まる事の無い思考の流れは、あらゆる状況・仮定・過程・対処法を弾き出す。
生きている限り、例え無意識にでもソレを繰り返す。
これは、歴史を導く為の力。
そして、人を殺める為の力。
止まらない思考。
この性は、確実に誰かの命を奪う。
考える事で、それを口に出す事で。
自分は安全な場所に居ながら人を殺せる。
簡単に、あっけなく。
敵も味方も、紙切れ一枚の上で消えていく。
この手が本当の血に濡れる事は無い。
けれど、この手は真実血に染まっている。
間違いなく、兄の手も。
差なんて無い。
目の前の葉のように、自分達は表裏一体なのだから。
違うように見えて、その実、根本は同じ。
自分が陽に照らされた緑ならば、兄はその裏側。
陽の当たらない陰の緑。
裏返せば、たちまち互いの色は逆転する。
綺麗事だと知って、それでもそれにしがみ付くか。綺麗事と切り捨てて、機械的に務めるか。
自分はまだ捨てられない。
否、捨てられない振りをしているだけかもしれない。
冷酷だと責めながら、同じ事をこの脳は弾き出す。
ただ、それを選ぶか否かの差。
その差だけが、互いの色を違えている。
その差を埋めれば、追い付ける事を知っている。

「・・・・・・・なさけねぇのな・・」

呟いて、自嘲に頬を歪める。

分っているんだ。
ずっと前から知っている。
何だかんだと並べ立てている事が、言い訳だという事を。
理由をつけて、はぐらかしているだけだ。
自分の心の奥底、本音から目を逸らしているだけ。
認めれば良い。そうすれば余計な理由を考えなくても済んで楽になれる。
認めてしまえ。
追い付いてしまうのが、怖いだけだという事を。
誰かにどうみられるか、じゃなくて。
追い付いたその時、アイツがどう思うか。
それが、堪らなく怖いだけだと。

追い付く為の手段に、戸惑いなんてありはしない。
ただ追い付くだけなら簡単だ。
その為の術は、頭の中に叩き込まれている。
けれど、それを選ぶ事にブレーキが掛かる。
罪悪感なんかじゃない。もっと、自分勝手で反吐が出るような理由だ。
兄と並ぶ事を、同じ視点でものを見る事を。
他の誰でもない、兄自身が望んでいない。
だから、その先。追い付いた先に、アイツから向けられる視線が怖い。
アイツが望んでいるのは、箱庭でまどろんでいた頃の小さな自分だ。

彼が変化を望まない、だから、自分は捨てられない。

勝手だ。
どっちも、酷く自分勝手だ。
馬鹿な兄の為に捨てられない自分も。
馬鹿な弟の為に捨ててしまった兄も。
根本の理由は、全く同じなのに。
選び取った手段が違うだけで、こうも擦れ違う。
欲しいのに、欲しいから、手に入らない。
伸ばした手で掴み取るためには、アイツの望まないラインを超えて変わらなければいけない。
けれど、それは失うのと同意だ。
だから、動けない。
変われない。

「アホくせ・・・」

目を開いて、目の前の草原を眺める。
広がる緑。
連想する、緑玉。
いつになったら、この終わりの無い鬼ごっこは終わるのだろう。
一つ・・・二つだけ、方法を知っているけれど。

追い付けないと知っていても、追い掛ける事はやめられない。

もう一つ、それをさせない為に、自分は追い掛け続ける。

何が出来るわけでも無いけれど。
この掌からどれ程の命が零れ落ちても、たった一人だけは。
守れるなんて自惚れては居ないけど。
けれど、せめて。
もしものその時、この身を盾とする事も厭わない。
それが無理なら、せめて。
せめて、その最後を、看取らせて・・・・。




・終わったれ・

書いてる内に良く分からない方向に走って行くのはいつもの事ですが。
今回はいつにも増して大暴走。ガードレールを突っ切って崖下に転落していきました・・・と、さ。
こんなんシーザーじゃないよ!!!(お前が書いたんだろ
スポンサーサイト
  • name 
  • mail 
  • url 
  • comment
  • pass 
  •  secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。