スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花も嵐も
12:犬鳥...2005.10.12 Wed
あなたとの恋は、穏やかさとは程遠い嵐――・・・



・花も嵐も・



怖そうな人。
(第一印象
強い人。
(初期印象

――――年寄りみたいな人。
(現在の印象


横暴なのも人の話をきかないのも、もう慣れたけど。

「――・・・だから、其処へ行くならあそこで曲がらなきゃ駄目だって、僕、何度も言いましたよね」

「そうだったか?」

「そうです。何度も何度も、分岐を通る前も通った後も、言いましたよ」

「まぁ間違ったものは仕方がない。戻るぞ」

「もど……って、そっちは森ですよ!?」

「馬鹿か貴様は。来た道を戻るよりも此処を抜けた方が早いに決まっているだろう」

「決まっているだろうって……」

一体何処からその自信が来るんだ、とか。
かつてそう言って何度も道に迷った事を忘れたのか、とか。
そもそも何でそんなに偉そうなのか、とか。
反論が山程ありすぎて、もう何処からつっこんで良いのか分からない。
自分の聞きたい事しか聞かない上に、興味の無い事や都合の悪い事はすぐに忘れる。

――僕、一体この人の何処が良かったんだろう…。

時折真剣に考えてしまう。
こんな、横暴で人の話を聞かない、何を考えてるんだか分からないボケ老人みたいな人。
本当に、何処が良かったのか。

「……自分で自分の趣味が分からない…」

「何か言ったか?」

「……(こういう時だけは聞いてるんだね…)」

考え直すなら今なんじゃないか、とか。
思うことは多いけど。

――結局、離れられないんだよなぁ…。

苦笑する。
最初は勢いと言うか、雰囲気というか。彼独特の強引さに流された感が無いわけではないけれど。
今となっては、こんな人でも一応大事な人で。
やる事なす事無茶苦茶で、穏やかさとは程遠い日常だけど。
それでも、全て愛しい日々。

あなたが居るから。


「ヒビキ?」

「……あなたの事が好きだなぁって、そう言ったんですよ」

「そういう事は聞こえる様に言わなければ意味がないだろう」

「はは…そうだね」

「…まぁいい。行くぞ」

差し出された手に軽く目を見張って、次いで笑ってその手を取る。
分かり辛い不器用な愛情表現が微笑ましくて、繋いだ手の温もりが愛しくて。
本当に、好き。そう呟けば、繋いだ手を強く握ってくれる。
この手があれば、あなたが居てくれれば。
何度道に迷っても、どんなに疲れても。
きっと、何処までも歩いていける。

――姉さんには趣味が悪いって、言われそうだけど。

いつか、自分の大切な片割れに紹介出来ればいい。
この人が、人生を共に歩む人だと。
口では反対しても、きっと彼女なら分かってくれる。
いつになるかは、分からないけれど。

けれど、その前に。

「ムメイさん、そっちは明らかに目的地と逆方向ですよっ!」


まずは、無事に森を抜ける事を考えないと…。





終わる!


ラブ米目指して見事敗退。
多分私はラブ米と言うものを勘違いして覚えている可能性が高い。
姉さん=ミノリちゃん。ウチでは双子設定。
ムッ様の呼び方はミツヒデさんじゃなくムメイさん推奨。
そして方向音痴。
タイトル意味なし。
スポンサーサイト
  • name 
  • mail 
  • url 
  • comment
  • pass 
  •  secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。