スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きれいなひと
幻:カ王...2006.02.28 Tue
笑う顔がきれい

困った顔がきれい

纏う空気がきれい

澄んだ瞳がきれい

俺の名前を呼ぶ声がきれい

硝子細工のような、何もかもがきれいなひと




・きれいなひと・




「また俺は留守番ですよー。今度こそは一緒に行きたかったのになぁ」

ちぇーっと拗ねてみせれば、目の前の人はクスクスと笑って。

「仕方ないよ、カイルは母上とリムを守るのが仕事。でしょ?」

ちょっと首を傾げて、覗き込むようにして真っ直ぐ見上げてくる蒼い瞳。
通常抱く青のイメージと違って、ちっとも冷たさなんて感じさせない柔らかい色。
それはきっと、この人だからだ。
穏やかで、優しくて。
周りの馬鹿な貴族連中に陰で何を言われても、いつだって穏やかに微笑んでる。
辛いなんて素振り、ちっとも見せないで。

綺麗な綺麗な王子様。
俺の、大切な大切な、何より守りたい人。
本当は、誰より傍で貴方の盾になりたいのに。
冗談みたいに王子の事が好きだと言って以来、何でか閣下が目を光らせていて必要以上に近寄らせて貰えない。

  あの人も結構親馬鹿だからなぁ…。

我ながら馬鹿な事をしてしまったとちょっと…いや、激しく後悔。
いつも傍に居る彼女が、ちょっと羨ましい。

「王子」

「うん?」

訂正。
いつもこの笑顔を向けられてる彼女が、かなり羨ましい。

「気をつけて行って来て下さいね」

「うん、大丈夫。ありがとう」

きれいな笑顔。
この笑顔が守れるなら、何だってするって思う。
貴方が笑っていてくれるなら、この気持ちだって一生告げずに抱えていく。

「本当に、気をつけてくださいよ。そんで早く帰ってきて下さい」

王子がいないと俺寂しくて死んじゃいますから。
情けない顔をして言えば、また冗談ばっかりって楽しそうに貴方が笑う。
本当は、冗談なんかじゃないんですよ。とは、言えないけど。

出来るだけ、早く帰ってきて下さい。
無事な姿を見て、安心させて。
そしてまた、こんな他愛も無い話をして、少しでも傍に居させてください。


祈るように、笑った。



・了・

初めてのカイル×王子がコレです、か…orz
もうひたすらに王子好き好き大好きなカイル。
そしてそれに気付いてない振りをする王子。
そして更にそれに気付いてるカイル。
そんでもって気づかれてる事に気付いてる王子。
そんな、カイル→←王子が、好きです。
一方通行両想い万歳。
惜しむらくはそれをあらわせない私の文才の無ささー!(泣
スポンサーサイト
  • name 
  • mail 
  • url 
  • comment
  • pass 
  •  secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。