スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬と王子2
幻:カ王...2006.02.28 Tue

「王子ぃ~」

「うん?」

「えっと、あの、楽しい…ですか?」

「うん」

戸惑いがちに訊ねた問いは、笑顔と言葉の肯定で返された。


・犬と王子・


この年の男子にしては細い指が器用に金糸を編んでいく。
吐息が触れそうな距離に、先程から心臓は大忙しだ。
椅子に座っている自分と、その横に立っている相手とでは視線の位置も普段とは逆で、それが更に脈の加速を手伝っている。
上から見下ろすと綺麗な人は、下から見上げてもやっぱり綺麗だった。
普段は髪等に隠れてよく見えない細い首が目の前にあって、喉のラインには何とも言えない色気がある。

   噛み付きたい…。

思わず浮かんだ言葉に、慌ててブンブンと首を振る。
勿論、心の中で、だ。
何せ今は首を振るわけにはいかない状況である。
折角編んだのに解けたと怒られる事は無いと思うが、何より楽しそうに髪を編んでいる王子の邪魔をしたくない。
自分などの髪で楽しんで貰えるなら、如何に心臓に悪かろうが喜んで大人しくしていよう。
後から後から湧き出てくる欲望だって、理性で抑えて見せますとも。

グッと拳を握って決意を固める。

これもやはり心の中で、だが。


「カイルの髪って、綺麗だね」

そう言って微笑む貴方の方が余程綺麗です。
即答しそうになるのを慌てて抑えて、言葉を付け足して音にする。

「そうですか?俺は王子の髪の方がよっぽど綺麗だと思いますけど」

「あはは、ありがと」

あぁ、本気にされてない。
サラサラと流れる青銀の髪は、本当に心の底から綺麗だと思っているのに。
普段からの軽い言動が災いしてか、心からの言葉も社交辞令としてしか受け取って貰えないらしい。
自業自得とは言え、切ないものがある。
確かに女性と見れば甘い言葉を囁くのは己の癖のようなものだが、本当に想っているのはたった一人なのに。

尤も、それは気付かれてはいけない事なのだけれど。

それでも、日増しに強くなる想いは気付いて欲しいと騒ぐ。
好きだと言ってしまいたい衝動に駆られる。
それら全てを理性を総動員して抑えているのに。

「本当に、綺麗」

貴方が、微笑んで髪に口付けたりするから。


   あぁもう、これ以上自分を虜にして、貴方は一体俺をどうする気ですか。


理性が陥落する日はそう遠くないかもしれない。



・了・

未カップルで犬視点。
アビスのジェイルクでも書いてますが、髪ネタ大好きです。
私の中で髪の毛って心を許した相手にしか触られたくないという前提があるので。
スポンサーサイト
  • name 
  • mail 
  • url 
  • comment
  • pass 
  •  secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。